平成徒然草

海上自衛隊のPV

2010/12/12

海上自衛隊が、戦隊ものを模したPVを作成している。

Garbagenews.comの「戦隊モノのノリな海自プロモビデオ、陸自や空自も腰を抜かす」でも紹介されているが、

【海上自衛隊】では3月6日から街頭ビジョンで30秒スケールの海自隊員勧誘コマーシャルを放映、同時期から【海自公式サイト内動画配信コーナー】でも閲覧を可能としている。その内容が「奇抜」だとして、海自内外から注目を集めているのだという。いわく、「陸自と空自の幹部も『あんな奇抜なものは、うちではとてもできない』」とのこと。

みた見た。官庁が作ったPVとして、奇抜といえば奇抜かもしれない。

なにしろ、

「海上最強 鋼鉄の城! ゴエーカーン」、対潜哨戒機を操るパイロットが「千里の目を持つ 天空の狩人! ショーカイキ!」

なんである。
ただ、ちょっとひと目は引くものの、イメージアップとか、海上自衛隊に入隊する気になるとか、そういう意味のものではない。
あくまで、街頭で「えっ?」という程度のものである。

【読売新聞】の報道によると、このコマーシャル動画は海自としては初めて企画競争入札を導入誌、広告会社や映像作成会社など10社のアイディアの中から採用した案を元に、350万円ほどをかけて制作したという。海自幕僚長も「これからの時代は、我々年寄りの感覚よりも、若い世代の視点でやった方がいい」とコメントしているという。

若い世代の感覚でもないと思うけどな。
遊び感覚という意味では、思い切り遊んでいる。
税金を使って遊んでいる。
それがいいのか悪いのか、私にはなんとも言えない。

-平成徒然草
-,