コンテンツ評論 映画・DVD評(邦画)

「アンフェア the answer」をみた

アンフェア the answer DVDスタンダード・エディション篠原涼子主演の警察サスペンス。
「雪平夏見最後の事件」だそうである。

最初から、わけのわからない事の連続。

まず、警視庁の捜査員だったはずの雪平が、なぜか北海道警の所轄書に勤務している。
警察官は地方公務員だから、都道府県を越えての転勤はないはずですがぁ?

アンフェアは、最初の連続ドラマシリーズ以降も、スペシャルや映画として何編かリリースされてきたが、はっきり言って完結編というよりは後日談という感じ。

そもそものアンフェアらしさというのは、ほとんど感じられない。
連続ドラマからの登場人物も何人か登場するものの、なんか皆変わっちゃったなあ、元気でやってるかなぁ的な感じである。

「笑う警官」などに取り上げられた北海道警の裏金問題が下敷きになっているが、それが政界、官僚、警察、検察をつなぐ壮大な裏システムの資金だと言われても、失笑するしかないではないか。

連続ドラマの最初のほうで少し狙われた篠原涼子のセクシーショットが少し多めだったのが唯一の収穫だろうか。

-コンテンツ評論, 映画・DVD評(邦画)
-, , ,