平成徒然草

三次元の動きには、いい

気になった記事。

Kinectはもう古い?3Dジェスチャーコントロールに革命を起こすデバイス「Leap Motion」
(イケダハヤト) - BLOGOS(ブロゴス)

Leap MotionはKinectのような3Dジェスチャコントロールを可能にする外付けデバイス。

USBを差し込むことで、2.5立方メートル(8 cubic feet)のコントロール空間が現れます。精度は非常に高く、1/100ミリの細かさで検知するとか。

しかも価格は69.99ドルという超安価。色々信じられない。

論より動画


このデバイスがいいと思うのは、三次元の動きができるということ。

マウスは平面上を動かすしかないから、二次元の動きしかできない。
タブレットもトラックボールも、基本は二次元。

三次元の動きをさせたいと思うのは、3DCGソフト。
私の場合でいえば、After Effectsの3Dレイヤーの動きかな?

ただ、欠点もある。
たぶん、このデバイスで操作していると、腕が非常に疲れてくると思う。
ずっと筋肉で空中に保持していないといけないから。

当分、トラックボールは手放せないな。

 

-平成徒然草
-,