映画・DVD評(邦画)

「SHINOBI」をみた

2011/01/04

忍者、忍法を描くのには二通りある。

ひとつは合理性を重視し、いかにも存在したようなかたちで描くやりかたで、たとえば白土三平などはこちらのタイプだと思う。

もう一方は条理を逸した不可思議な術として描くファンタジー的なやりかたで、こちらの代表は山田風太郎だろう。この映画は、山田風太郎の「甲賀忍法帳」が原作である。

お互いを宿命の敵とする伊賀・甲賀の隠れ里の跡継ぎである若者たちを主人公としたロミオとジュリエット的シチュエーション。今をときめく、といっていいだろう、仲間由紀恵とオダギリジョーの主演作品である。主題歌は浜崎あゆみだし、いかにも当ててやろうというのが見え見え。

登場する忍法は、山田風太郎が描いたような、超能力、異常体質をベースとしたもので、これが徳川家康の命によって五対五の決闘を行うこととなる。

正直、忍法対決、恋愛模様、どちらをとっても薄味。これはすごいと思えるような部分はなかった。山田風太郎の小説のほうがずっとインパクトがあると思う。

SHINOBIの下に英文の副題がついているので、なんだろうと目をこらしてみたら、"HEART UNDER BLADE"。刃の下に心…って、忍の文字の説明やん。

-映画・DVD評(邦画)
-, , ,