映画・DVD評(邦画)

「釣りバカ日誌16」をみた

2011/01/04

「釣りバカ日誌」は、たしかにハマちゃんが主人公だが、スーさんも副主人公だといえると思う。過去の作品でも、ハマちゃんの活躍ぶりはいつもだが、スーさんの活躍にはバラつきがある。スーさんが活躍する「釣りバカ日誌」はおもしろい。

釣りバカ日誌 16 浜崎は今日もダメだった♪♪ ◆20%OFF!
釣りバカ日誌16
浜崎は今日もダメだった

最近の作品は、三国連太郎が高齢になってきたせいか、スーさんがあまり活躍しないのが残念だ。この16でも、スーさんとハマちゃんの絶妙の掛け合いが少なかった。見どころのひとつなのに。

冒頭、鈴木建設の社歌で入るのはおもしろい。社員全員が斉唱しているあたりもケッサク。一部ではなく、フルコーラス歌いきったのも見事。

暴行事件で現在謹慎中のボビー・オロゴンが出ている。といっても、ボビーのおもしろさは映画では生かせない。結局話題づくりでしかなかったのかな。どこかで「カメラのまわっている時より、まわっていない時のほうがおもしろかった」という話を聞いた。

ヒロインは伊東美咲。恋人役の金子昇との結婚話だが、美咲は大根だから(足のほうではない、役者のほう)あまり情感は伝わってこないなあ。

毎回楽しみにしているのに、ハマちゃんの宴会芸があるのだが、今回は美咲の父役の尾崎紀世彦との歌で終わってしまったのは残念だったね。全体的に残念が目立つ作品になってしまった。

三国連太郎が年齢のせいで今後もこの程度の活躍だとしたら、誰かハマちゃんと対になるニューキャラクターを投入して、シリーズ構成そのものを強化したほうがいいね。

-映画・DVD評(邦画)
-, , ,