平成徒然草

Amazonが急に使いづらくなってしまったワケ

私はAmazon愛好者で、特に配送料が基本無料になってからは、よく利用していた。
ところが最近、Amazonが使いづらいなあ、と感じるようになってしまった。

それは配送業者が佐川急便からTMGという会社に変わってしまったからである。

TMGになって何が悪くなったかというと、まず届くのが遅い
佐川の時は、発送のお知らせが来た翌日には必ず 届けてきたが、TMGはそうとは限らない。
翌々日になったことが何回もあった。

Amazonは西日本にも発送センターを作ったはずだが、これでは意味がない。

それにこちらが不在時に配達にきた時、TMGは不在配達票を入れていかない
後で、Amazonアカウントサービスの「配達状況を確認する」 をみると、「お届けできなかったため、持ち帰りました」というのが並んでいる。

で、Webから再配達を依頼しようとすると、『再配達を依頼したい不在伝票のお問い合わせ番号を入力し、「再配達の依頼を開始する」ボタンを押して下さい。』と書かれている。
再配達の依頼ページには「地域コード」なる入力欄があって、不在伝票が入っていたならそこに書いてあるはずだが、Amazonのアカウントサービスにはそれは書かれていないので、Webから再配達の依頼ができない

TMGに電話してみたら「不在時には不在伝票を入れることになっています」と言うのだが、実際に入っていなかったのでどうしようもない。そういえば、TMGの不在伝票というのは見たことがない気がする。

Amazonも基本配送料無料を実現するために、より安い配送業者に切り替えたのだろうが、これでは通販としての「質」が思い切り下がったも同然だ。
しかもAmazonは基本配達日指定を受け付けておらず、それをするためには「Amazonプライムサービス」というのに登録して年間3900円を払わなければならないらしい。

見損なったよ、Amazon。これでは、仕事の必要などで確実に指定日に入手したい時には使えないも同然ではないか。
さっそく改善してほしい。

 

-平成徒然草
-,