平成徒然草

大阪市は市長の名を売れ

橋の下気になった記事。

泉佐野 市の名前売ります…財政難で苦肉の策 : ニュース : 関西発 : YOMIURI ONLINE

 財政破綻一歩手前の大阪府泉佐野市は新たな歳入確保策として、企業から広告料をもらう代わりに市の名称を企業名や商品名に変更する自治体名の命名権(ネーミングライツ)売却に乗り出すことを決めた。契約期間は1~5年で、国内外の企業を対象に6月から11月末まで募集し、広告額は企業から提案してもらう。

大阪市も財政状況の悪さではひけをとらない。
しかし、大阪市が真似をして市の名前を売りに出したら、おそらく市民から総スカンを食らうだろう。
やはり地名は歴史そのものであるから。

で、名案がひらめいたのである。

大阪市は、市長の名前に対するネーミングライツを募集したらよい。
市長の名前であれば歴史の重さはないし、 個人の名前であるから変更に議会の承認は必要ないだろう。
地場の企業や商品名であれば、産業振興にもなる。
市長職を退いた後は元の名前に戻っていただくので、ダメージも少ない。

普通の市長であれば、ネーミングライツを売ろうとしても飛びつく企業はないだろうが、今の市長はちがう。毎日のようにメディアに登場する有名人だ。ひょっとすると首相よりネームバリューは高い。

「大阪市の、夢屋の岩おこし徹市長は記者会見で教育問題に触れ、学力の向上こそが経済再建への近道だと語りました」
メディアとて、それが正式の名前であるとなれば、商品名や企業名であっても読み上げないわけにはいかない。

これは名案だと思いますが、橋下市長、ご自分の名前を売ってみる気はありませんか?

-平成徒然草
-