平成徒然草

携帯電話が子機として使えたら

気になった記事。

ユニデン、Bluetoothでスマホにつながるイエデン第2弾 - ITmedia +D モバイル

同時に4台までのBluetooth対応の携帯電話やスマートフォンを登録でき、携帯電話回線にかかってきた通話をDECT3288の受話器で受けたり、DECT3288から携帯電話回線を使って通話の発信が行える。固定回線のない家庭で携帯電話を固定電話のように使うことも可能だ。

固定電話の子機で携帯電話回線も使える、という商品のようだ。

でも、本当は反対のことがしたい。つまり、携帯電話で、固定電話回線を利用できないのか?

たとえば、固定電話の親機にBluetoothを搭載し、iPhoneやAndroidのスマホに専用のアプリをインストールする。
固定電話回線に電話がかかってきたら、スマホが鳴って知らせ、そのまま取って会話ができる。

こっちのほうがいいと思うんだけどなあ。

イエデンの子機とスマホを比較してみる。子機はたいてい充電器をかねたスタンドに置くようになっている。つまり、特定の場所においておくのが想定された使用法だ。

これに対してスマホはたいていポケットに入れておくとか、自分の近くに置いておくようにするものだ。 自宅でも、場所を移動するたびにスマホを持ち歩いている人は多かろう。

ならば、子機なんかなくしてしまって、どっちの電話もスマホでとれるようにしたほうが便利じゃないか。

-平成徒然草
-,