ネットとコンテンツの関係論

TV Bankの投稿動画コンテスト

2011/01/04

しばらくぶりにYahoo!動画を訪れてみたら、投稿動画コンテストがはじまっていた。

今回の募集テーマは「ペットパフォーマンス」と「トラベルレポート」。
スケジュールは、作品の応募期間が2/28まで。その後、3/10~3/24の間で応募作品のうちから20タイトルを絞り込んでネット上で公開し、一般視聴者から人気投票。3/31に結果発表で、最優秀賞には100万円の賞金が出るという。

いまんとこ、miniDVテープを郵送での応募となるようだ。
おもしろペットをお飼いの方、旅行好きの方は応募してみてはいかがだろう。
ちなみに作品尺はペットのほうが3分以内、トラベルのほうが10分以内である。

個人的な予測では、ペットのほうが応募は多いだろうな、と思う。
ペットの一発芸などは、無編集で済むからだ。内容的にも、ペットのパフォーマンスじたいが評価されるだろうから、応募者のスキルなどはあまり問題にならない。さんまのからくりTVなどで扱われているおもしろビデオの延長戦上だ。

トラベルのほうは、難しいと思う。
というのは、これはネタもさることながら、それなり編集や見せ方のテクニックが必要だからだ。他人の旅行をただ見て面白いとはふつう思わないだろう。そこを見せるためには、漫然とした編集ではだめだろう。
このコンテストに応募する方にアドバイスを送るとしたら、最初の30秒間くらいに旅行のテーマやエッセンスを凝縮した「ツカミ」を仕掛けること。そうでないと続きを見てもらえないと思いなさい。

なお、今後のテーマのひとつに、クリエーター狙いのショートムービーというカテゴリが用意されるらしい。

○ショートムービー
デジタルハリウッドが次世代を担う才能を探します。憧れの映像クリエイターへの道を!共催:デジタルハリウッド

まずは、こういう意識があって、よかったと思う。

その他の予定テーマとしては、

○ダンスパフォーマンス
○お笑いKING
○スーパー歌姫
○オリジナルソング
○ものまね・歌まね・仮装

以上は、もっぱらパフォーマンス狙いで、それぞれのパフォーマーを発掘しようという狙いだと思う。ここで発掘したタレントは、おそらく今後のTV Bankで活躍する機会を与えられるのだろう。

もうひとつ、

○Stupid Videos日本版
ジャンルを問わず1分程度の抱腹絶倒ビデオを大募集!

というのもあるが、これはそれこそ「からくりテレビ」的なものだと思う。

-ネットとコンテンツの関係論
-,