テレビ番組評

「DOCTORS ~最強の名医」をみた

テレビ朝日系の医療現場ドラマ。主演は沢村一樹。

主人公は外科医だが、よくある天才外科医ものとは多少ちがう。
手術の腕もたつが、むしろ心理戦、寝技の達人。
彼がとある市中病院に赴任してきて、その病院をいかに変えていくか、ということがストーリーの焦点となる。

主人公が赴任してくる前のこの病院は、特に外科医が院長の甥を中心にだらけた雰囲気で、いい加減な治療を行っていた。

その院長の甥を演じるのが高嶋政伸なのだが、これが腕はそこそこいいのだが甘やかされて育った坊ちゃんで、他の外科医を取り巻きに連れてお山の大将をきどっていた。高嶋兄弟、どちらも最近こういう嫌な奴の役が多いな。それはそれで貴重な役者だ。

主人公がそんな病院の雰囲気をいかに変えていくか、というのが話のキモだったが、やはり中途半端だったな。やるなら、腐ったミカンを切り捨てる、院長の甥を病院から追い出す、くらいの大なたを振るって欲しかった。

比嘉愛未が「コードブルー」につづいて看護師役で出演。コードブルーではクールな役柄だったが、こちらはごく普通の性格。笑顔が可愛いから、こちらのほうがいい。

-テレビ番組評
-, , ,