映画・DVD評(邦画)

「ラヂオの時間」をみた

2011/01/04

三谷幸喜作品というのは、わりと狭い範囲(空間・人物とも)に限定されたドラマが多いように思う。古畑ものなど、わずかな証言者を除けば、犯人と古畑および部下の間だけでドラマが完結している。「笑いの大学」なんてのは、メイン登場人物はたったふたりだ。

昨日テレビで放映していた「ラヂオの時間」は三谷幸喜の第一回監督作品だが、この三谷作品の特徴を反映している。舞台はラジオ局の中だけ、人物はラジオドラマの関係者だけ(ひとりだけリスナー役として渡辺謙のトラックドライバーがいるが)、という限定された範囲内で、ひたすらセリフのやりとりで話が進んでいく。

東宝 ラヂオの時間 スタンダード・エディション

作品データは画像をクリック。

ストーリー的には、生放送のラジオドラマが、出演者のわがままなどが原因でどんどん登場人物の名前やストーリーが変わってしまい、ハチャメチャになっていきながら、なんとか収拾する様子。

爆笑というのではない、クスクスからイヒヒヒくらいの笑いがちりばめられている。最近にはめずらしく、コメディらしいコメディかも。

-映画・DVD評(邦画)
-, ,