コンテンツ文化論 映像表現の研究

これ面白い"QUMA"

2011/12/14

なんかおもしろそうなガジェットなので紹介する。

“未来のデッサン人形”発売へ:フィギュアを使って3DCGキャラを操作できる「QUMA」、セルシスから販売 - ITmedia ガジェット

 QUMAはセンサー内蔵の人型の入力装置を動かして、画面上の3Dモデルに同じポーズを取らせることができる技術。これにより、マウスやキーボードを使わずに、直観的に3Dモデルの操作できるようになる。

見てわかるとおり、フィギュアを手で動かして、ポーズをとらせると、3DCGで組まれた人型モデルが同じポーズをとる、というものだ。これはわかりやすい。

昔Poserという人型モデルに特化した3DCGソフトを使ってたことがあった。
手や指や顔などにすべてダイヤルが割り振ってあって、それを調整しながらポーズを作っていくのだが、これがなかなかに難しかった。

その点、このQUMAだと、フィギュアを手で好きなポーズにすれば、それで3DCG のほうも同じ姿勢をとる。

できれば、第二弾として「顔バージョン」を作ってくれないかな? 目や眉や口などを手でいじって表情を作れるやつ。
全身よりは難しいだろうが、できないことはないだろう。

-コンテンツ文化論, 映像表現の研究
-