平成徒然草

I'm a Trackballer

Trackball Explorer と Cordless Trackman

Trackball Explorer と Cordless Trackman

私はトラックボーラーである。

普段はMicrosoftのTrackball Explorerを使っている。
これは名機だと思うのだが、すでに生産中止だ。

トラックボールを使う理由は、いつも同じ場所に手首を固定し、指先だけで操れるから、疲れないと言うことである。
マウスだと、手首から先を動かすから、1日使っていると手先がすごく疲れる。トラックボールにはそれがない。

さらにトラックボールはマウスのように動かす場所がいらないので、キーボードの横にスペースがなくても使うことができる。

 

Trackball Explorerはたまにヤフオクなどに出てくるが、状態のよいものだと、とんでもない価格がついている。

私は Trackball Explorerを4個所有していて、使っているPCそれぞれに接続してあるが、これが壊れたらと思うと心配である。

トラックボールにはいろいろある。Trackball Explorerのようなタイプの他、左右対称のタイプ、右手の親指で球を操るタイプなどがある。
私はTrackball Explorerで慣れているので、人差し指と中指で大きい球を転がすタイプが好きである。

で、しばらく前にロジクールのCordless Trackman TM-400というのをヤフオクで買ってみた。中古である。

作りは大変しっかりしていて、球の大きさや人差し指・中指で操る感覚なども近いものがあるが、残念なところがふたつ。

ひとつは、右クリックの位置である。TM-400は球の右側にあるボタンを薬指などで押すのだ。
Trackball Explorerは親指でホイールの上側のボタンを押すので、これが全然違う。

Setpointというドライバソフトでは、各ボタンの割り当てを変更できるので、現在は「進む」「戻る」などの機能が割り当てられているボタンに、右クリックを割り当てたいのだが、これができないのだ。なぜか右クリックだけは割り当てることができない。左クリックはできるのだが。

もうひとつは、レシーバー(受信部)。TM-400のレシーバーは大きくて、USBポートに長いケーブルでつなぐ。
せっかくのワイヤレスなので、ノートPCで使いたいのだが、最近のワイヤレスマウスのように小さなレシーバー であってほしいものだ。

-平成徒然草
-