コンテンツの育て方 コンテンツ文化論

コンテンツ庁が必要だと思う理由

気になった記事

20代アニメーターの平均年収は110万円』 あなたの知らない業界事情(ニコニコニュース)

オタク文化を世界に発信している日本でも、その現場で働く人たちの環境はけっして楽ではないようだ。例えば、アニメを支えるアニメーターは現在、40代が中心。この業界を担当する『週刊東洋経済』編集部の桑原幸作記者によれば

「あるデータでは、20代のアニメーターの平均年収が110万円。それだと生活できないので、若い人がこの業界に入らない。それで、高齢化が進んでいるとも言われています」

どういうんだろうねえ?この国は。これでアニメ文化を世界に売っていこう、なんて言ってるんだぜ。

アニメの世界進出をすすめようという官庁は経済産業省で、労働環境を担当する官庁は厚生労働省だ。

この記事のようなことを経産省に指摘しても、たぶんこう言うんだろうなあ。

「申し訳ないですが、労働条件などは私たちの管轄ではありませんので。アニメが産業として世界に売れていくようになれば、自然と労働条件も改善されていくんじゃないでしょうか?」

そうじゃないだろ。食うや食わずのクリエーターが世界に通用する作品を作れるとでも思ってるのか?
若い人がアニメ業界に入ってこないということは、衰退産業なわけだ。その状態を改善するほうが先じゃないのか?

やはり、「コンテンツ庁」が必要だと思う。
コンテンツ制作・販売や、クリエーターの育成にかかわること全般を主務とする役所だ。

現在は、経済産業省、文部科学省、総務省、厚生労働省などに分割されている業務をここに集中させる。
縦割り行政では、日本のコンテンツ産業は伸びていかないよ。

-コンテンツの育て方, コンテンツ文化論
-,