平成徒然草

ジョブズの遺産

気になった記事

スティーブ・ジョブズの遺産、4年間分のアップル新製品コンセプト - IBTimes

 ジョブズ氏は死期が近いことがわかっていながら、1年以上アップルで働き、今後の同社を支えうるアップル製品を打ち出していった。そしてタブレットPCの「iPad」や携帯音楽プレーヤーの「iPod」、スマートフォンの「iPhone」、ノートパソコンの「MacBook」の新製品の設計図を準備していたという。

これはアップル社やそのユーザーにとって朗報なのだろうか?

これをそのまま採用していったとしたら、それはアップル社が「スティーブ・ジョブズ株式会社」だったことのあかしだろう。
そして、それはアップル社の「終わりのはじまり」以外の何ものでもない。

ジョブズがいかに天才であったとしても、すでに死者である。
彼がそのすぐれた洞察力で市場の動きや時代の流れを見抜いていたとしても、もはや実際の動向をくみ取ってコンセプトを動的に修正することはかなわない。

従って、アップル社の経営陣は、このジョブズの遺産を「これはゴミだ」と言って破棄すべきなのだ。
また、それができる次のカリスマが求められているのだ。
(まあ次のiPhoneなど、すでにラインに乗っているものは仕方がないけども)

アップル社にとって新しい時代はすでにはじまっており、それはジョブズ抜きで進められねばならない。
アップルマークをジョブズの墓標にしたくなければ、 それはすぐにはじめなければならない。

-平成徒然草
-