平成徒然草

スティーブ・ジョブズが死んだ

スティーブ・ジョブズが死んだ。

Appleという会社は嫌いだが、Appleプロダクツは決して嫌いではない私だ。

現在はWindowsマシンをメインで使っているが、過去Macユーザーだった時期があり、また今はiPhoneを使っている。

真の芸術家は出荷する - 池田信夫 - 
ジョブズは一貫したビジョンをもっていたわけではなく、まったく新しいアイディアを創造したこともない。むしろエンジニアにとっては常識だった新しい技術を商品として実現したことが彼の功績だ。

ジョブズという人は発明家ではない。また芸術家でもない。
彼はビジネスマンであり、経営者であり、マニュファクチュアラー(製造業者)だった。
彼が、いくらかは世界を変えることができたのは、先行するコンセプトを進化させて、商品化することができたからだ。

例をあげるなら、iPodとWalkman。どちらが革新だったか。それはWalkmanだ。SONYのWalkmanこそ「音楽を持ち歩く」というコンセプトをはじめて世界に示した商品だったからだ。

だけど、Walkmanはそれだけに留まった。iPodは最初こそwalkmanコンセプトをデジタル化したものにすぎなかったが、どんどん進化していって、iPhoneになり、iPadを生んだ。

ジョブズの仕事には必ず彼一流の「美意識」が生きている。

ジョブズは、醜い技術の世界を、美しくした - 茂木健一郎

美しさとか、なめらかさとか、配置とか、曲線とか、そういうものもコンピュータの「計算」の一部分だということが、どうして理解されないのだろう。ジョブズは、それを理解していた。そして、おずおずと我慢をしてしまう私たちの多くとは違って、ジョブズは我慢をしなかった。妥協せずに、 Insanely Greatなものを作り続けてくれた。

考えてみれば、これは私たちクリエーターそのものだ。

クリエーターはほとんどの場合、コンセプトやエレメントを発明しない。
それは多くの場合、借り物だったり、パロディだったりする。
だけど、それがクリエイティブな仕事になるのは、それが「美意識」にもとづいて再構成されているからだ。

ジョブズは、最上級のビジネスマンにして、最高のクリエーターだった。
彼がいたおかげで、世界は少しだけ、美しくなったと思う。

-平成徒然草
-, ,