テレビ番組評

「鉄腕DASH2時間スペシャル」をみた

2011/01/04

鉄腕DASH」は、何をおいても見たい番組のひとつだ。特に、DASH村がお気に入り。

今回のDASH村は「鍛冶」。これまで、農業はもちろん、炭焼きや登り窯など、さまざまなことにチャレンジしてきたDASH村だが、とうとう鉄まで鍛えるようになったか。

かつてナイフ作りを趣味にしていた私なので、もちろん鍛冶には興味がある。今回のは、結構鍛冶入門篇ともいえる内容となっていて、興味深い。作るのは、鍬と鉈だが、DASH村のすごいところは、それが村で農業や開拓をするための道具になっていて、すべてが「DASH村」というひとつの文化を構成している点だ。こんなTV番組はいまだかつてなかったのではないだろうか。

今回はスペシャルなので、鍛冶も徹底的に描いている。たとえば、材料となる鉄も古い釘などを溶かすところからはじめるし、玉鋼など他の番組なら指導役の鍛冶師が「はい」とばかりに出してくるところなのだが、やはり材料を探すところからはじめる。

日テレにお願いがあるのだが、ぜひ「DASH村の歴史」をDVDで出してほしい。土地の選定にはじまった村の歴史も知りたいし、農業や大工のノウハウなど、初歩の教材になるとも思うのだ。

-テレビ番組評
-,