コンテンツ評論 映画・DVD評(邦画)

「あしたのジョー」をみた

あしたのジョー スタンダード・エディション [DVD]公開前は不朽の名作の実写映画化ということでプロモーションがかけられたが、公開後はほとんど話題にも上らなかったので、どうせ失敗作だろうと思っていた。

山下智久というのは表情に乏しい役者だ。巨匠ちばてつやの描く矢吹丈は、時折実に哀愁にみちたいい表情をみせる。山下では絶対にそうした表現は無理だろうと思っていたら、そのとおりだった。

だいたい、この映画はミスキャストが多いような気がする。ハマっているのは力石徹を演じる伊勢谷友介くらいだろうか。

原作がマンガだからか、この映画は「同じ絵を狙う」ところが多かったように思う。
たとえば、香川照之の演じる丹下段平なんかマンガでは違和感がないが、実写でハゲヅラつけてまで似せる必要があったのだろうか。

リング上のシーンも、ハイスピード撮影を多用しすぎていて、本来のボクシングとしてのスピード感が表現できていないような気がする。

-コンテンツ評論, 映画・DVD評(邦画)
-, ,