その他DVD評

「イッセー尾形ベストコレクション2005 大家族 休職編」をみた

2011/01/04

イッセー尾形のひとり芝居。
あいかわらず達者な喋りで笑わせてくれる。

さまざまなキャラに扮してイッセーが登場し、とにかく喋りまくるが、これだけ立て続けにみてしまうと、その人物造形にある一貫したものがあるようにみえてくる。

自分勝手で人の話を聞かない、人のことを考えない、内心の不安を隠すかのように喋り続ける人物。簡単にいってしまうと、こんな感じかな。その自分勝手な自己主張が、状況とあいまって、笑いにつながる。

一人話芸という意味では、落語に近いものを感じる。存在しない相手役の反応も自分の台詞にたたみ込んで、ナレーションなしで奇妙な状況を作り上げる手腕はみごと。

-その他DVD評
-