ネットとコンテンツの関係論

新聞サイトがテレビになる日

2010/12/12

新聞社はあせっているのかもしれない。


Broadband Watchが伝えるところ
によると、

 朝日新聞社は1日、同社が運営するニュースサイト「asahi.com」をリニューアルした。時間帯や曜日によってトップページの見た目を変えるほか、読者が投稿した動画を公開する「asahi.com動画」などのコンテンツを新設した。
(…)
 新設したasahi.com動画では、読者が投稿した動画のほか、朝日新聞社の取材網で集めた動画も公開。視聴回数や読者の評価によるランキング、キーワードによる検索機能を用意する。なお、読者の動画については、掲載前にasahi.com編集部が審査を行なう。asahi.com動画について同社は、「新聞社初の本格的総合動画サイト」としている。

新聞紙面では絶対できないこと。動画の掲載などもそのひとつといえる。

しかし、新聞サイトがテレビの真似をすることは、それ自体自己否定のはじまりではないだろうか?

「ジャーナリスト宣言」を標榜する朝日新聞社が、今なぜYouTubeの後追いをする必要があるのか教えてほしいものだ。

-ネットとコンテンツの関係論
-,