コンテンツ評論 テレビ番組評

DASH村は本当に無事なのか?

2011/03/28

「ザ!鉄腕!DASH!」は、私の好きな番組のひとつであり、その中でも好きなコーナーが「DASH村」である。

DASH村というのは、番組のホストであるTOKIOのメンバーが山間の土地を開拓し、そこで農業を行うというドキュメンタリーだ。農業の他にも、古民家を移築したり、村での生活に供するさまざまな食べ物や道具などを古式なやり方を再現して手作りしたりする。

DASH村の場所は秘密とされているが、すでにGoogle Earth上で確認されている
それによると、福島県浪江町だという。つまり、東日本大震災の被災エリアなのだ。

現在、番組サイトのDASH村コーナーのトップには「DASH村からのお知らせ」という一文が掲載され、そこには「今のところ村内の古民家・村役場をはじめとする建物に重大な損壊はなく、出演者ならびに制作スタッフの安否についても無事が確認されております。現在は安全のため、すべての撮影や作業を中止しております」と書かれている。

しかし、同サイトに仕掛けられていた24時間LIVE中継はメンテナンス中のままだし、番組は今週で二度目となる別企画の再放送だ。

かつてスタッフのミスからDASH村で火事が起こった時も、その復旧作業をさえ番組で放映したのだが。通常の企画でなくてもいいのだが、このとおり無事です、という放送はできない状況なのだろうか? その無事な姿を見せてくれない、ということで余計な猜疑心を生んでしまう。

福島第一原発の事態が収拾されないと、撮影班を近づけることもできない、といった判断をしているのだろうか?

もうひとつ、この番組では「DASH海岸」という企画で、東京湾の一角に自然を再生させる、ということもやっていたのだが、そちらはどうなったのだろう?

(追記:3/28)

参考ページ
『DASH村は「日本政府が自主避難を指示する20~30キロ圏内」にあった』

-コンテンツ評論, テレビ番組評
-, , ,