平成徒然草

そうか。東北遷都もありだ

気になった記事。

Consideration of the history - BLOGOS(ブロゴス) 『東北の再生へ向けてレインボープランの策定を』

ただ復旧するだけでは、東北地方の置かれる現状は何も変わらないだろう。

そこで、いっそ東北に遷都することを検討するのも一つの復興計画にはなろう。

対象は仙台である。

仙台市は今回大きな被害を受けた地域の一つではあるが、100万都市でもある。

なるほど、仙台に政治的首都を移すのか。「震災復興のどさくさに」と非難が起こりそうな気もするが、それもありだと思う。

そもそも、東京は過密すぎる。また、都市圏が大きすぎる。
今回の震災で、電車が止まってしまったために、多くの人が帰宅の足を失った。
都市圏が大きすぎるので、徒歩で帰れる距離に自宅がない人もたくさんいて、職場に泊まり込んだりした。

大きすぎる都市を削るのは、こういう大計画でもないとできない。

私企業の一斉移転は難しいので、官庁や国会などの行政機能の移転が妥当だろう。

この際、東京に集中しすぎている各種の都市機能を地方に分散することを提案したい。

今回の地震で感じた人も多いだろうが、いま東京に直下型地震が起こり、完膚なきまでに破壊されたとしたら、日本は立ち直れない。
副首都、代替首都などの手法についても検討すべきではないだろうか?

-平成徒然草