コンテンツ評論 テレビ番組評

「美しい隣人」をみた

美しい隣人/仲間由紀恵と壇れい今クール「ある意味」一番面白かった連ドラ。

サスペンスフルなホームドラマ、とでもいうべきか。

仲間由紀恵が「怖~い女」を、壇れいがその攻撃のターゲットとなる「普通の主婦」を演じる。

夫の単身赴任により、五歳の息子とふたり暮らしの主婦の隣家に、ひとり暮らしの女が引っ越してくる。ふたりはすぐに意気投合し、友達づきあいをはじめる。

ところが、隣の女は、裏ではさまざまな手を尽くして主婦の幸せを奪おうとしていた。主婦はなかなかそれに気づかなかったが…。

知らずに罠にはまっていく主婦、親しい顔を見せながら裏でさまざまな工作をする隣の女…。というパターンの前半が一番面白かった。
惜しむらくは、早めにネタを割りすぎたのではないだろうか? ラスト2回ぐらいで隣の女の正体をバラし、修羅場でエンド、というほうがエキサイティングだったように思う。

微笑みながら隣人の幸せを嬉々として奪っていく仲間由紀恵の演技が、恐ろしくも美しい。
その薄弱な動機から考えても、一種の狂気を帯びていると考えられるが、それを表現できたのは彼女ならではだろう。

最終回は、L字型の地震情報入り、静岡地震の発生で中断ありという状況で、とても集中して見られる状態ではなかったが、それを差し引いても納得のいかない終わり方だな。

納得がいかないといえば、もうひとつある。隣の女が引っ越してきた時に使う「マイヤー」なる苗字はいったいどこから来たものなんだ?

 

-コンテンツ評論, テレビ番組評
-, , ,