平成徒然草

映像でみる津波の恐ろしさ

東北地方太平洋地震の被害を受けられた、すべての方々にお見舞い申し上げます。

今回の地震の特徴は、「まさに災害が起こっている最中の映像が多数配信された」ということなのではないだろうか?

阪神大震災のときも、たしかに当日から被害の模様は大々的にテレビで放映されていた。
特に阪神高速神戸線の投壊した姿は、被害を象徴する映像だった。
しかし、それは「被害の爪痕」であって、災害が起こっている最中の様子ではない。
災害の最中の映像は、テレビ局やコンビニの監視カメラ映像くらいだっただろうか。

今回の東北地方太平洋地震の場合、最大の被害をもたらしたものは津波だった。
この津波が実際に車や船を流し、家屋を引き倒している最中の映像が多数放送されている。

テレビの震災特別報道の中で、誰だったかコメンテーターの発言で、
「津波の被害については、スマトラ沖地震の時に少し映像が紹介されたが、実際に国内の映像としてとらえられたのははじめてではないだろうか」と 言っていたのが記憶にある。

津波は、言葉としては聞いていたが、まさにすべてを呑み込んでしまう。
ま津波が引いた後には、ほんとうに何も残らない。
その様子が、いくつもの現場で映像としてとらえられ、そして放送された。
被災地から遠い地方の人間も含め、日本人の心の中に刻みつけられたのではないだろうか。

-平成徒然草