テレビ番組評

「特命刑事どん亀」初回をみた

2010/12/28

水戸黄門枠の現代劇。初回の2時間スペシャル。
西田敏行の連ドラ主演は久しぶりでないかい?

そういえば、最近刑事ものの連続ドラマって、ほとんどない。
昔は、各局かならず特徴のある刑事ものがあって、看板ドラマになっていたものだが。

さて、このドラマは警視庁極秘捜査課という特殊な刑事たちを主人公にしている。普段は刑事の身分を隠しており、警視総監からの特命を受けて動く。
スパイじゃないんだから、身分を隠している必要があるとは思えないが。

西田敏行扮する亀田呑(どん亀)がリーダーで、二枚目、硬派、頭脳派、女刑事とお定まりの個性を持つメンバーが手足になって動く。

水戸黄門の枠のせいか、わりと時代劇的っぽい雰囲気だ。「大江戸捜査網」現代版というところか。

このドラマは、良くも悪くも西田敏行がどう動くかで決まるだろう。
初回は新規加入の女刑事から見た極秘捜査課とメンバーの紹介という感じで二時間だったが、各メンバーに出番を割り振った結果、あまり西田が活躍していない。だから、わりと普通の感じ。

いっそ「釣りバカ刑事」のつもりで、西田扮するどん亀が暴走し、各メンバーがフォローに回る方が面白いと思うんだが。

-テレビ番組評
-, , ,