コンテンツの育て方 コンテンツ文化論

“感謝の気持ちを伝える”ための少額寄付サービス「ポチ」

気になった記事。

RBB Today『BIGLOBE、“感謝の気持ちを伝える”ための少額寄付サービス「ポチ」を開始

NECビッグローブ(BIGLOBE)は1日、無料コンテンツに対して「感謝の気持ちを表現したい」「対価を支払いたい」といったニーズに応えるものとして、100円から手軽に入金できるサービス「ポチ」を発表した。

「ポチ」は、BIGLOBEの決済基盤を活用しており、アプリ・コンテンツの制作者、入金する利用者の双方が、銀行口座や連絡先などの個人情報を公開することなく利用できる。利用者は、サイトやアプリ内に設置された“ポチボタン”をクリックするだけで、銀行振込などの手間なく入金し、サービス提供者に入金可能。金額は、300円、500円、1,000円(税別)からワンクリックで選択できる他、100円以上1万円以下(税別)で、100円(税別)単位で自由に設定することもできる。

Pochi~ありがとうのキモチをポチ! 3/31サービス開始~

要するに、ブログなどにボタンを設置しておくと、読者が「この人にお礼をしたい」と思ったときに、少額決済のシステムを利用してお金を渡せる、という「投げ銭システム」ですな。3/31開始だという。なんで4/1にしないかというと、エイプリルフールと間違われるから、かどうかは知らん。

同社では「感動的な動画を作ってくれた人に共感を伝えたい」「自身の旅行にとても参考になったブログを書いてくれた人にお礼したい」「毎日使っているスケジュールアプリの制作者に役だっている事を伝えたい」といった利用者のニーズを想定している。とくに、ニコニコ動画などで“振り込めない詐欺”などとも呼ばれる、クオリティの高い個人発コンテンツを想定しているという。

こういう試みはおもしろいと思うのだ。
とにかく、ネットでタダでいろんなソフトやコンテンツが手に入ることに現代人は慣れすぎている。
役に立った情報、使い込んでいるソフト、感動させられたコンテンツに対して、少しでも金銭的な「お礼」をするという習慣は、もっとあってもいい。
それが、作者たちの励みになり、場合によっては生活の糧ともなるのであれば、いいことだと思う。

だけど、文句を言わせてもらえれば、下限が100円というのは高すぎるよ。

レンタルDVDが100円で借りられる店もある時代だ。コンテンツに対して100円払おうという人間は、なかなかいないだろう。
ブログの情報にしても、100円払ってもいい、と思える情報なんて、そんなにあるものではない。100円以上からならやめておこう、という人が多いと思うんだな。

ここは10円からにしてほしい。
YouTubeやニコニコ動画で見たムービーであっても、10円なら気軽に「投げ銭」できるのではないか? 
決済会社にとってはそんな少額は大変かもしれないが、ここはコンテンツの未来のためにがんばってほしい。

-コンテンツの育て方, コンテンツ文化論
-,