平成徒然草

携帯ネットカンニングを防止するには

週末からテレビや新聞は持ちきりですな。

入試問題投稿、本格捜査へ=携帯IPアドレスで特定―京都府警

京都大の入学試験で設問の一部が試験時間中にインターネットの掲示板に投稿された問題で、京都府警は28日にも、同大が出す被害届を受理した上で、偽計業務妨害などの容疑で捜査に乗り出す方針を固めた。

組織的に不正入試を行うつもりなら、「Yahoo!知恵袋」なんか利用せんだろう。
回答能力者にメールで送って回答を送り返してもらえば、会場で携帯端末を操作しているところを見つからない限り、バレる可能性はほぼない。
よって、単独犯という可能性が強いと思われる。

大学はこれからこういう不正者に対する対策を厳密にすべきだ。

ただし、携帯端末の一時預かり、あるいは携帯電波のジャミング(妨害電波)とかではなく、入試の問題を根本的に見直すべきだ。

簡単に言えば、画一的な答えが出てくる可能性のある問題をできるだけ排除すべきだ。

英語であれば、翻訳問題ではなく、英文で自らの考えを記述させればよい。
それでも、携帯で英語の堪能な協力者に作文してもらう可能性を排除したければ、口頭試問をすればよい。

大学、それも京大のようなトップレベルの大学の入試問題が、「Yahoo!知恵袋」でたちまちに答えられてしまう程度のものであるという事態を、大学首脳部は恥ずべきだ。

少子化、学生の減少で大学の経営は苦しいところにきているが、だからこそ大学教育の本分に立ち戻る時期だともいえる。

-平成徒然草
-, ,