平成徒然草

「義理」こそ本当の発明なのだ

今日は、バレンタイン・デーでしたか。
もう長いこと、そういうことから遠ざかっていることもあって、しばらく気がつかなかった。

バレンタイン・デーに、女性から男性へ愛の告白としてチョコレートを贈る、というのは森永製菓の仕掛けだとか。
もし本当なら、「土用の丑の日」にうなぎを食べる習慣を定着させた平賀源内に並ぶ、広告マンの仕掛けとして評される価値はある。

だけど、本当は「義理チョコ」の発明こそ、チョコレート屋さんにとってバレンタイン・デーを稼ぎ時にしたのだ。

だって「本命チョコ」ってのは、相手はひとりだけでしょ? それではチョコレートはさほど数は売れない。
それに手作りチョコ、なんてのがはやると、きちんとパッケージされて高い値段をつけて売られているものはあまり売れないよね。

「義理チョコ」という習慣こそ、チョコレートを数売ろうとしたチョコレート業者の発明だったのだ、と思う。

-平成徒然草