コンテンツの育て方 コンテンツ文化論

春場所中止の大相撲、NHK杯はどうだろう?

もうテレビも新聞も、大相撲の八百長問題でいっぱいだ。

とうとう春場所も中止になり、放駒理事長は「うみを完全に出し切るまでは、おそらく土俵上で相撲をお見せすることはできない」という意味の発言をしている。

だけど、おそらく誰も、そう簡単に本当にうみを出し切ることができる、とは思っていないのではないだろうか。

ということは、無期限の場所開催自粛ということになるわけで、そうなると大相撲の力士は稽古へのモチベーションを失うだろう。再開されても、すぐ以前の状態に戻れないことも考えられる。

コンテンツとして大相撲をみた場合、これは価値がある。
日本全国で大相撲を楽しみにしているファンが大勢いるからだ。

というわけで、ひとつ提案。

日本相撲協会とはまったく別に、NHKが主催して「大相撲NHK杯」を行ったらどうだろう。

大相撲に属する力士であれば、誰でも出場でき、もちろん出場しなくてもよい。
なんなら、アマチュア力士でも出場できるようなやり方もある。

NHKには中継のノウハウはあっても、場所を主催するノウハウはないだろう、ということも言えるだろうが、そこはスポーツイベントの専門企業などを利用して開催することもできるのではないか?
重要なのは、日本相撲協会とはまったく切り離したイベントとして開催することだ。

ただし、単なるショー・イベントではなく、取り組み自体はガチンコなものでなければならない。
そのガチンコ性をいかにアピールできるか。
そこが勝負だ。

長年NHKは相撲をコンテンツとして提供してきた。
ここはひと肌脱いだらどうだろう。
NHKがだめなら、他の民放局でもいい。

あくまで目的は、渇望するファンへのコンテンツ提供と、力士のモチベーション維持である。

-コンテンツの育て方, コンテンツ文化論
-, ,