プロ野球雑感

佑ちゃんフィーバー過熱

マスコミの斎藤佑樹投手へのおっかけが止まらない。
それも、スポーツ番組だけでなく、一般のワイドショーやニュース番組まで、日本ハムのキャンプに密着している。…で、他のルーキー選手はほとんど扱われない。

その密着ぶりは、プロ野球の通常の扱われ方の範囲をはるかに越えて、異常としか見えない。
そのビデオを見せられて「こういうふうにプロ野球が扱われることは近年なかった。いいことですね」などと、平気な顔して言うコメンテーターは、言わされているんだろうなあ。

これ、プロ野球を扱っているんじゃないんだよね。
斎藤佑樹という個人を持ち上げているだけ。
斎藤はアマチュア野球では傑出した選手だったかもしれないが、プロではまだプレーしたことのない一新人なのだ。

仕掛け人がいるのだろうなぁ、と思う。
こうやって個人をヒーローに祭り上げるということは、商品価値を高めているわけで、その後に来るのは当然CMキャラクターなどとして売ること。

それに平然とのっかっている斎藤佑樹も問題だね。
野球はチームスポーツ、まして自分は新人という立場だ。
自主トレの間はともかく、キャンプに入ったら球団としての扱いになるのが当然。
特別扱いをやめるように自分から言わなくちゃならんはずだ。

プロ野球を盛り上げるためにスター選手が必要なのはわかる。
斎藤が「王子」と言われるくらい男前で、人気があるのもわかる。
でも、プロ野球でスターになりたいんだったら、それは自分のプレーで勝ち取ったものでなくちゃいけない。

番組に出演しているスポーツコメンテーターも、あえてここはマスコミの過熱に苦言を呈してもらいたい。「異常ですよ」の一言がいえないようだったら、スポーツを語るな。

-プロ野球雑感
-