コンテンツ文化論 ネットとコンテンツの関係論

なんと映像制作の割引クーポン

映像制作の割引クーポン

グルーポンおせち騒動で一般的にもすっかり知れ渡った割引クーポンサービス。

なんと、その割引クーポンが映像制作にも使われていることを発見した!→実際のページ

グルーポンではなく、「ポンKING」というよく知らないサービス。

結婚披露宴で上映する演出ムービー(いわゆるブライダル記録ではないようだ)だとされている。

本来18万円のところ、5名の申込者が集まった場合のみ9万円で制作する、となっている。

映像制作の常識では決して高い料金ではないが、結婚披露宴で一度だけ上映するムービーとしては、9万円でも安くはないと思われるが。

残念ながら、このクーポンは一組も申し込みがなく、販売不成立になったようだ。

映像制作もこうした割引クーポンの対象となったのか。
映像制作も決して特殊なサービスではなく、ごく一般的なサービスになったのだな、と感じる。

その一方で、あえて(5組限定とはいえ)半額にしてまで顧客を集めたかったのか、と。
宣伝の手段はなかなか難しいものだ。

グルーポン系サービスは、要するに試供品を提供してリピーターを狙うのと同じだ。
しかし、ウェディング系ではそうそうリピーターが出てくるわけではないだろうし。

-コンテンツ文化論, ネットとコンテンツの関係論
-,