コンテンツ評論 映画・DVD評(邦画)

「釣りキチ三平」をみた

2011/01/16

釣りキチ三平[DVD]
釣りキチ三平[DVD]


posted with amazlet at 11.01.15
VAP,INC(VAP)(D) (2009-10-07)
売り上げランキング: 16270


滝田洋二郎監督が「おくりびと」の次に作った作品。

私は釣りをしないが、カヤックを趣味にしているので、川は大好きだ。
そういう点で、川という環境がいかに美しく描けているか、ということが大変気になった。

冒頭、鮎釣りが行われる中流域があり、上流域を遡っていく源流行あり、クライマックスは「夜泣き谷」といわれる山中の湖に至る。
いわば川のさまざまな相を舞台にした映画だ。

最初のくだりで描かれる秋田の川は美しい。

あえて言えば、夜泣き谷の描写が残念。
「楽園」という言葉が出てくるが、その楽園らしさが全然伝わってこない。
たんに怪物級のイワナがいるから楽園なのではないはず。
人里離れた山中だからこその美しさがあってもいいはずなのだが。

釣りという戦いは、映像化するのが難しい。
釣り人は地上におり、魚は水中にいる。その間は釣り糸一本でつながっている。

水中の魚をCGでビジュアライズして、その戦いを両面から描こうという発想はいいと思う。
だが、CGの魚の質感や動きがいまいち。
日本のビジュアルエフェクトの老舗、白組が制作してクレジットまで入っているのに。

はじめのほうの鮎釣り勝負で三平がとった戦法は、それなりに理屈が通っていた。
それと同じくらいの論理性が、最後の対決でもあってよかったのではないかな?

-コンテンツ評論, 映画・DVD評(邦画)
-, , ,