ネットとコンテンツの関係論

jumpct.comをちょっと触ってみた

2010/12/28

昨日知ったばかりの、オンライン編集サイト、jumpcut.comに無料登録してみた。

どういうものかというと、オンラインで動画を編集して作品を作ることができるサイトである。

素材としては、自分で動画・静止画・音声ファイルをアップロードすることができる。それ以外に他の人がアップロードしたファイルを使うこともできる(アップロード時にpublic/privateを設定することができる。publicに指定したファイルは他の人にも使えるということらしい)

編集機能としては、もちろん高機能なものではない。ブラウザ画面上に1トラックのタイムラインがあり、そこに動画や音声のファイルをドラッグ&ドロップで配置できる。イン・アウトを決めるのではなく、時間軸上でファイルをスライスし、不要部分を削除するというかたちだ。

できあがった作品は、サイト上で公開することができる。公開された作品は、YouTubeと同様、タグで自分のサイトやブログに貼り込むことができるようだ。
他に、サイト上でコメントを記入することができる。

グループ機能もあり、コンテストなども開催されているようだ。

現在ベータ版ということもあってか、あまり再生がスムーズでなかったり、反応がよくない。

オフラインに編集環境を持っている身としては、使う意味としては他の人がアップロードした素材を使えるということしかないような気がする。

何より使う意味がないなと思うのは、作業中のタイムライン(時間軸)を共有できないという点だ。

つまりjumpcut.comにおいては、共有できるのは素材(アップロードしたファイル)か、作品(編集の仕上がった動画)に限られるのであって、編集するという行為そのものは共有できないのだ。

※あらためて見てみると「REMIX」という機能があって、公開された他人の作品のタイムラインをインポートして、自分なりにアレンジすることができるようだ。つまり編集そのものはあくまで個人のものとされているのだが、REMIXを通じてコラボレーションできる可能性はある。

私が考えていたのは、編集そのものを共有しようとする考え方であって、かなり隔たりがある。

wikiにみられるような複数人によるオンライン共同編集を動画においても実現できるとすると、編集環境がオンラインにある意味ももっと増すと思うのだが。いずれ、その構想も書いてみたい。

-ネットとコンテンツの関係論
-