平成徒然草

Graphineテーマが更新されていた

このブログはWordpressで、テーマはGraphineというものを使っている。
これはWordpress3.0以降搭載された機能をフルに使えるテーマで、ご覧のとおりシンプルで個人ブログばかりでなく、企業サイトにも使えるデザインだ。

開発したのはSyahir Hakim氏。どこの人だろう?中東系の名前だね。
もちろん、GPLv2ライセンスでリリースされているから、無料でどんな改造をするのも自由に使える。

このテーマが、バージョンアップしていた。(1.1.2 → 1.1.3.1)
Wordpressの場合、プラグインのバージョンアップは頻繁だが、テーマがバージョンアップするのは初めてだ。
テーマがバージョンアップしたことも通知されるのは、Wordpressすごい!

テーマによっては、何をするのも改造になってしまうものもあるが、Graphineは設定オプションが豊かで、管理画面からかなりの部分を設定することができる。

たとえば、ブログだと登録日時表示は必須だが、企業サイトだとかえって邪魔になることもある。
そういう場合は、管理画面から日時表示を消すことができる。

あるいは、ヘッダー画像や背景画像も、ファイルをいじることなく、アップロードして使うことができる。

それだけでなく、言語表示は特有のランゲージファイルを使う多言語対応だ。残念なことに、日本語のランゲージファイルは付属していないので、今回自分で翻訳してランゲージファイルを作ってみた。
必要な人がいましたら、 メニューバーの「連絡」からコンタクトをください。

設定でできることが多いとはいえ、このブログ特有の表示を実現するためにいくつか改造はしている。

ひとつは、左にある月日表示の下の西暦による年表示。
最近の記事だけなら問題はないが、なにしろ5年以上にわたって断続的に続けているブログなので、古い記事が何年のものか表示されないと困る。

もうひとつは、これは自分にしか関係ないのだが、ログインしてアクセスした場合、記事ごとに直接編集画面に入れるようにするリンク表示をつけた。他のテーマにはけっこうあるのだが、なぜかこのGraphineにはないのだ。

これらの改造箇所があるので、すぐアップデートとはいかず、多少の作業を要した。
といっても、テーマの中のloop.phpにいくつかのコードを付け加えるだけである。
合わせて、いくつかスタイルシートにも設定を加えているので、 これも修正した。

PHPのプログラマではないので、他のテーマのコードなどを見て、パクった程度ではあるが、メモ程度に記しておこう。

1) 西暦年表示の追加
loop.phpの 17行めの後に以下のコードを追加
月日表示のすぐ下、ということでパージョンが変わってもわかると思う。

< ?php the_time('Y') ?>

特にスタイルシートは追加していないが、一応カレンダーの下に表示されて満足できるかたちにはなっている。

2) 記事編集リンクの追加
loop.phpの 96行めの後に以下のコードを追加(別にここでなくてもいいが)

< ?php edit_post_link(__("Edit"), '[ ', ' ]'); ?>

これも、特にスタイルシートは追加しないでも、満足できる表示になっている。
(気が変わったときのため一応、divタグはつけてあるが、自分しか見ない表示だから)

追記:
サポートフォーラムに「日本語のランゲージファイルを作ったんだけど」と投稿してみたら、「送ってくれ」と作者から連絡がきた。
そのうちバンドルされるかも。

追記2:
2)の記事編集リンクであるが、実はすでに実装済みと判明した。
サポートフォーラムに追加してほしい旨を書き込んだら、すでに実装済みとの返事。
しかし、私のブログには表示されない。

実は、筆者名を非表示にするオプションを入れると、記事編集リンクまで非表示になる仕様だったと判明した。
これは不便なので、次期バージョンでは改善する旨、申し入れた。
また、年表示についても将来のバージョンで追加される予定とのこと。

-平成徒然草
-,