映画・DVD評(洋画)

「CUBE2」「CUBE ZERO」をみた

2010/12/28

CUBEシリーズ一気鑑賞。

「CUBE2」では、キューブが移動する他に、重力の向きが変わったり、時間の流れが変わったりする。他の作品では、登場人物が制服を着せられているのに、これだけ私服。時計やペンなどの私物も一部持ったまま入れられている。もちろん、ストーリーに関係あるのだが、不統一。最後のシーンで、ようやくキューブの外がかいま見えるが、あのシーン必要だったのか?

「CUBE ZERO」では、キューブの中の人間たちだけでなく、それを監視する立場の人間が登場する。キューブで行われていることは実験であり、何かのデータを取っているのだが、監視員たちも下っ端なので詳しいことは知らない。そのうち、休暇だと思っていた仲間がキューブの中にいることを発見する…。
キューブや監視室のデザインが、他の作品に比べてレトロっぽくなってる。

うーん、続編は正編を超えられない、というジンクスどおりになってる。
やっぱり最初の作品でやめておいたほうがよかったかも。

-映画・DVD評(洋画)
-,