ネットとコンテンツの関係論

ヤフー動画でマジック映像を配信(タネ明かし有料)

2010/12/28

インターネット動画配信でカネを取るというのは、結構難しいことだ。
見るのに、どんな形であれ、有料ということに抵抗のない新作映画コンテンツなどは除き、無料視聴に慣れたユーザーは、有料コンテンツはなかなか見る気になれないからだ。

GyaOは広告収入による無料視聴にこだわっているようだが、Yahoo動画は無料・有料のコンテンツを両方取りそろえたいようだ。

CNET JAPANが伝えるところによると、

 ヤフーは6月19日、Yahoo! JAPANにおいてマジック映像を配信する「今すぐ使える! 100円でマスター! マジックコレクション」の提供を開始した。マジック映像は実演とタネ明かしが用意されており、実演部分は無料で視聴できるが、タネ明かし部分は有料となる。

なるほどな。これは、他にも応用できるよな。

たとえば、ミステリードラマをこれと同じように、前後編に分けて配信する。
事件説明篇にあたる前編は無料。解決篇にあたる後編は有料、というのはどうだろう。さらに、前編だけを見て犯人や犯行方法を当てることのできた人には賞品贈呈、などとすればさらに盛り上がるのでは?

-ネットとコンテンツの関係論
-,