コンテンツの育て方

Youtubeでスターが育つ?

2010/12/28

Youtubeがアップグレードしたようだ。

ITmediaニュースの記事『隠れプロも目指す「YouTubeデビュー」(ロイター)』によると、

 今回のアップグレードでは、ユーザーが自分と同じような感性のファンと共有できるプレイリストを作成することが可能になった。高尚な芸術からポップな感覚、くだらないものまでテイストはさまざまだ。

 YouTubeは、電子メール経由で野火のごとくネット上に広まる最新ヒットビデオに依存するだけでなく、もっと大きな存在を目指して進みたいとしている。TV視聴者がリモコンでチャンネルをサーフするようにパーソナライズした番組体験を創出したい考えだ。
(…)
 ユーザーは自分のプロフィールを掲載し、似たような関心事を持つほかの視聴者を探せば、自分たち独自の「TV地方局」や「ニュースサイト」、「レコードレーベル」をオンライン上に立ち上げることができる。

実際、Youtube上でのパフォーマンスで注目をひき、自分をアピールする人たち(その中には「売れない」プロの役者やミュージシャンも含まれている)が急増しているらしいし、そこから大手の企業との契約にこぎつけるケースもあらわれているとこの記事は伝える。

これで思い出すのが、TV Bankの投稿動画コンテストに予告されている「歌姫コンテスト」だとか、そういう奴(今、インターネット美女コンテストの本選がはじまっているようだが)。

これは、たぶんテレビで行われているようなコンテストと、大差ないだろう。視聴者がコメントをつけたり、投票したり、はできるとしても、あまり大勢に影響はない。テレビをネットに置き換えただけ。20世紀の遺物的なシステムに違いはないだろう。

そうではなく、YouTubeで起こっていることは、まさに既存のシステムにない下克上的アピアランスじゃないだろうか。誰でも、自分をアピールでき、場合によっては数百万人の支持を集めることができる、という。

まだようやく今年から起こったブームに過ぎないので、定着するのか、あるいはもっと形を変えていくのか、よくわからないが、何かすごいことがそこから起こってきそうな予感だけはしている。

-コンテンツの育て方
-