コンテンツ文化論 電子書籍の夜明け

KDDIも電子書籍に参入

なんでこんなに急速に電子書籍への参入熱が高まっているのだろう?
やっぱり、業界の主導権争いか?

KDDIも、ソニーやシャープに対抗して、電子書籍への参入を発表した。

IT life hack 「シャープやソニーに勝てるか!KDDIが電子書籍に参入【電子書籍研究会】

ソニーの「Reader」シャープ「GALAPAGOS」に続き、KDDIが電子ブックリーダー「biblio Leaf SP02」を、12月25日から順次開始する。あわせて電子書籍配信サービス「LISMO Book Store」も開始するのだ。(…)

約6インチのディスプレイを持つ「biblio Leaf SP02」は、2GBのメモリーを搭載し約3000冊相当の書籍が可能なうえ、夏目漱石や太宰治の名作100点をプリセットしている。auの通信網「CDMA 1X WIN」のほか、IEEE802.11 b/n/gの無線LANにも対応し、簡単に電子書籍をダウンロードできる。
ディスプレイには電子ペーパーを採用しているため、省電力で視野角が広く、長時間の読書にも適している。本体前面に5つのボタンを配置し、本の選択、次ページといった基本的な操作ができる。

KDDIのプレスリリース

ITmeida News「KDDI、電子書籍端末「biblio Leaf」25日から発売 3G対応、月額525円で

KDDIは12月21日、3G/無線LAN通信に対応した電子書籍専用端末「biblio Leaf SP02」の販売を、12月25日から順次スタートすると発表した。オープン価格で、実売1万円台半ばになる見通し。電子書籍配信サービス「LISMO Book Store」も12月25日にスタートする。

3G接続は専用プランを用意。どれだけ通信しても月額525円の定額で利用できる(2年契約時。2年契約でなければ月額1575円)。

キャリアがやってるサービスだけに、3G接続で定額の通信ができるようにしてきた。
願わくば、端末をほぼ無料で提供し、通信料やコンテンツ料金で回収するというわけにはいかないか?
携帯キャリアが、かつてやってきた戦略なんだが。

携帯向けに電子書籍を提供してきたノウハウで、ユーザーインターフェイスなどさまざまな優位性を持ってる、という発言だ。

各社が参入して、電子書籍業界が活発になることはいいことだと思う。

問題は、どこが主導権をとるにしろ、共通のフォーマットをできるだけ早く構築してほしい、ということだ。端末によって読めるコンテンツ、読めないコンテンツが混在してしまうことは、最終的には業界の利益にも、読者の利益にもならない。

端末、サービスごとの特徴は打ち出しながらも、共通してコンテンツを提供できるようになることが大切だろう。
あるコンテンツを読みたいがゆえに、端末を買い換えなくてはならないというのでは、いい状況とはいえない。

たとえばCDが出てきた時のことを考えてみたらいいだろう。

CDプレーヤーをひとつ買えば、どのレコード会社が提供する音楽も聴くことができた。
CDのフォーマットが多数あったら、提供される音楽に合わせてプレーヤーも買い増さなくてはいけないのでは、これほどCDは普及しなかっただろう。

行政が乗り出すのが正しいあり方とは思えないが、混乱状態になる前に、なんらかの手は打って欲しいものだ。

-コンテンツ文化論, 電子書籍の夜明け
-