コンテンツ評論 テレビ番組評

「フリーター、家を買う」を全部みた

嵐の二宮和也主演の連続ドラマ。

正直、最初は期待していなかったのだが、意外と見せてくれました。今クールの連ドラとしては、一二という出来だったんじゃないだろうか。

大学新卒で就職した会社を三ヶ月でやめてしまった青年。再就職先を探すも見つからず、フリーター生活に。そんな折り、彼の母親がうつ病にかかっていることが判明。近隣からのイジメが原因らしく、医者は引っ越しをすすめるが、父親は煮え切らない。で、青年は「オレが家を買う」と宣言、バイトに就活にやる気を出すが…。

なんてことのないストーリー。ホームドラマだし、青春ドラマだ。それでもちゃんと見せてくれるのは、ジャニーズの中でも芝居上手では一二をあらそう二宮を起用したことが大きいだろう。
二宮は、普通の若者を不自然なく演じていた。普通を演じる、というのはこれはなかなか難しいことなのだ。

それに引き替えて、両親のキャスティングは、これはミスキャストではないかと思う。

父親役の竹中直人。顔を合わせれば主人公とけんかになる、頑固で意固地な親父の役。芝居は下手ではないのだが、何かしら伝わってくるものが少ない。主人公をたてるという意味でそうしているのかもしれないが、キャストが多くはないドラマの中で毎回そうなのは少し困った雰囲気だ。他の役者だったらどうなっただろう、と思う。

母親役の浅野温子。元祖トレンディ女優がもう、こんな青年の母親役。ちなみに主人公には甥がいるため、お婆ちゃん役でもある。うつ病という難しい役を演じるのはちょっと力不足ではなかったか。うつ病の症状が出ると、表情を固めてしまう。病気らしくはあるが、表現がパターン化しているように感じた。普通の明るいお母さん役なら問題はなかったような気もするが。

最後、本当に家を買えるところまで行かなかったのはご愛敬。東京圏で一戸建て買うというのは、それは大変なことだと思うのだが。

-コンテンツ評論, テレビ番組評
-, , , ,