テレビ番組評

「サプリ」初回をみた

2010/12/28

私は、社会人としてのスタートをCM制作会社で迎えた。
このドラマの舞台となっているような広告代理店とは、当然密接なつき合いがあった。

いまやトップ女優のひとりとなった伊東"エルメス"美咲と、ただいま若手人気ナンバーワンKAT-TUNの亀梨クンという「視聴率のとれそうな」コンビによる月9ドラマ。伊東美咲は、代理店のCMプランナーという、キャリアウーマン役である。

前にもここに書いたことがあるが、ドラマや映画にCMプランニングが登場するしても、その内容に納得したことはない。脚本家が考えたプランをそのままやっているからだろう。民放のドラマには必ず広告代理店がかかわっているのだから、もっとクリエイティブ部門を動員して優秀なCMプランや、それが出来ていくリアルなプロセスを見せたらどうかと思うんだが。

伊東美咲は、見た目としては代理店にいそうな感じであるが、演技はやっぱり下手。冒頭シーン、携帯電話を落とした亀梨クンに対して、威勢良く叱りつけるセリフがあったので、チャキチャキの感じで通すのかと思ったら、本編は普通の伊東美咲に戻っちゃった。

このふたりが、いずれ恋人どうしになるはずだが、とりあえずは職場の先輩・後輩として(といっても亀梨クンはバイト。雑用で入れたバイトにいきなりCMプラン考えさせる代理店はないだろう)顔合わせした程度。しかし、最近の恋愛ドラマって、年上女と年下男ばかりかよ

-テレビ番組評
-, ,