映画・DVD評(洋画)

「SAWII」をみた

2010/12/28

しばらく前にみた「SAW」の続編。

前作の最後で正体が判明した、犯人"ジグソウ"のアジトに刑事が踏み込む。そこには、ジグソウ本人もいたが、複数のモニタがいずことも知れない家の内部を映し出しており、8人の男女が監禁されているのが見えていた。その中に刑事の息子もいるのが見える。

ジグソウが言う。「ゲームをしたい」彼らは神経性ガスを吸っており、2時間以内に解毒剤を打たないと死ぬ。解毒剤とその場所を探すためのヒントは、その家の中に隠されている。一方、アジトにいる刑事たちには、家のありかがわからない。

ストーリーは、監禁されている男女の側と、刑事と犯人の側の両面から描かれる。「ゲームだ」というわりには、謎解きよりも、息子を人質にとられた刑事と犯人、および監禁された人間たち同志の心理的な攻防のほうに重点が置かれている。

しかし、この犯人。見たとこ老人だし、末期ガンで死期が迫っているという。そのわりには、前作から数えて少なくない「ゲーム」を仕掛けているし、そのための複雑な仕掛けを考え、作り出している。死亡宣告が何年も先ということは考えにくいよな。拉致など荒事は、弱みを握った人間や協力者にやらせているとされているが、それにしても凄い構想力と実行力だ。

ストーリー運びはまずまずスピーディだし、サスペンスもまずまず。面白い作品の部類に入ると思う。細かいところ、いくつか気になるところもあるけれども。

ちなみに、今回はノコギリは関係ない。

-映画・DVD評(洋画)
-, ,