コンテンツ文化論 ネットとコンテンツの関係論

自宅で結婚式?

USTREAMやニコニコ生中継の登場で、にわかにネット生中継熱が高まっているが、こんなサービスが登場したようだ。

産経新聞が伝えるところによれば、

自宅で結婚式に出席 ヒルトン・ワールドワイドが新サービス

新サービスは新郎新婦の依頼を受け、ホテル側がiPadを貸し出し、自宅にセッティング。中継される披露宴の様子に合わせて、同じ料理をホテルスタッフが提供する。(中略)料金は中継地点1カ所につき35万円から。

結婚式を生中継するだけでなく、会場と同じ料理を提供することによって、出席したのと同じ感覚を味わえる、というわけだ。

まあ、普通に考えて、たとえばUSTREAMで結婚式を中継するというサービスはすぐ思いつく。
結婚式にはビデオの撮影が入っていることが多いから、たとえばマルチカメラでスイッチングを入れて、その出力を収録すると同時に配信用のPCに入力すれば、そのまま生中継が可能だ。

しかし、それでは付加価値があまりない。つまり、カネがとれないということだ。

そこで、披露宴と同じ料理の出前を組み合わせた。たとえば遠方の親戚など、わざわざ会場に来なくても同じ料理を食べて、出席した気分になれるというわけだ。ちょっと値段が高いのが気になるが、安くすればはやるかもしれない。ご祝儀はどうするんだろう?

ただ、なぜiPadなのか、という点が気にはなるね。Face timeを使うんだろうか? 一人ふたりならいいかもしれないが、第二会場みたいにして数名以上が集まった場合は画面が小さすぎるような気がする。まあ、部屋に大画面テレビがあれば、HDMIなどで出力して、写すというオプションはありうるだろうけど。

-コンテンツ文化論, ネットとコンテンツの関係論
-, ,