ネットとコンテンツの関係論

ソニー動画サイトの未来形

2010/12/28

CNET JAPANのスタッフブログに『ソニーが米の動画共有サイトを買収--期待したい「ハードウェアとの融合」』というエントリがあり、こんな意見が見られた。

個人的にひとつ期待したいのは、ソニーならではの「ハードウェア」との融合--つまり、ハンディカムにアップロード専用のボタンを付け、(USBもしくはWi-Fi経由でネット接続している状態で)それを一押しするだけで、ビデオがGrouperに転送され公開される、という機能。

(…)こうした「上り」の経路を用意し、草の根の力を利用してこそビジネスのおもしろさが生まれるのではないかと思える。

私も以前「ビデオカメラはどこへ向かう?」というエントリで、似たような文章を書いた。(その時はまだソニーがこうしたサイトに手を出すとは思ってもみなかった)

CNET JAPANの筆者は「ビジネスのおもしろさが生まれる」と期待を寄せているが、私はむしろ「映像文化の新しいページが開かれる」と考えたい。もちろん、ビジネス的にもおもしろいことになるとは思うが、何かというと経済的な視点ばかり話をするのは悪い癖だと思う。

ビデオカメラは、映像を描くための道具である。たとえてみれば、絵の具や絵筆と同じだ。絵の具や絵筆を売るためにはどうすればよいか? 絵画という文化を尊重し、文化を振興してこそ、その市場がある。ここで話題にしている動画サイトも、映像の文化を振興するための道具としてとらえてほしい。

たとえば、201X年。ソニーのビデオカメラを買うと、動画サイトへの加入権がついてくる。ビデオカメラをテレビに接続し、無線LANとの接続を開くと、動画サイトがテレビ画面に表示される。登録をすませれば、世界中の誰かが投稿したビデオを自由に見ることができる。

プロもたくさん投稿していて、中にはビデオジャーナリストが直接世界中から投稿してきたニュース映像などもある。なぜなら、たくさん視聴されたコンテンツには、それなりのペイバックがあるからだ。

もちろん、自分で撮影した映像をテレビ画面上で簡単に編集し、ワンボタンでアップロードすることができる。投稿した映像がおもしろいものなら、それが簡単に副収入になるのだ。

こうしたインフラを背景として、この時代には新しい映像文化が築かれている。映像を自分で制作して簡単に配信できる、このためビデオジャーナリストやビデオクリエーターは自称の人も含め、増加の一途にある。ビデオカメラも当然売れている。

こういう未来図を描いてはいけないだろうか。(なんとなく、メーカーのユーザー囲い込みにも見えるが)

-ネットとコンテンツの関係論
-