テレビ番組評

「Ns'あおい スペシャル」をみた

2010/12/21

今年の冬シーズンに放映された連ドラのスペシャル版。
石原さとみ演じる若いナースを中心に、医療現場での出来事を描く。

最近のテレビドラマは、ほとんどがワンクールものだ。昔のように長期間にわたって断続的にでも続いているのは「水戸黄門」と「渡る世間に…」くらいのものか。

良きにつけ悪しきにつけ、ワンクールで終わってしまうので、強い印象を残せない。昔は何年にもわたって放映されたドラマが多かったと思うんだが、それだけのパワーを持ったドラマを企画しえないということは、テレビ局の能力が落ちたのか、視聴者が変わったのか。

アメリカのドラマなどは、「24」などのように、半年放映、半年休んで、新シーズン放映、というのが定石のようだ。日本でも、それくらいのスパンでドラマづくりが出来るといいと思うんだけどね。

その中でも医療現場ものはリピート率が高いように思う。「ナースのお仕事」「ナースマン」「救命病棟24時」「Dr.コトー診療所」などがすぐに思い浮かぶ。

今回スペシャルが企画されたということは、新シーズンへの布石なのだろうか? 前シーズンの視聴率がどうだったのか知らないが、そんなにインパクトは強くなかったような気がする。「ナースのお仕事」みたいにコミカルでもなく、「救命病棟24時」みたいに激マジでもない。どちらにも触れる中間のドラマづくり。

主演の石原さとみは、20歳前後の若手女優全盛の今としては、二位グループに位置している。新シーズンがあるのであれば、できればもうひとり若手で注目度のある役者を相手役として配置したいところだ。

たとえばイケメンの研修医が桜川病院にやってくる。あおいとなんとなく反発しながら、恋の予感もある、なんてのはどうだろう? 当てる役者としては、妻夫木は出過ぎだから、小栗旬あたりだろうか?

-テレビ番組評
-, , ,