映像文化を語ってみる

AVCHDの道はBlu-Rayに通じる

2010/12/21

まあ、ビデオカメラの将来像を語るうえで、AVCHD規格というのは避けて通れないだろう。

とにかく、善し悪しは別にして日本の映像メディアがHD化の途上にあることは否定できない。当然、映像を記録する装置であるビデオカメラもHD化の方向に向かっているのだが、同時に媒体の光ディスク化という流れも確実にある。そのふたつを満足させる規格で、しかも業界の一番手二番手であるソニーと松下が共同策定した規格だ。これが将来の主流にならないわけがないからだ。

ITmedia+Dに映像系エンジニア/アナリストの小寺信良氏が『HD映像を記録する「AVCHD」とはどんな技術か?』というコラムを寄せている。
この中に掲載されたソニーの人に対するインタビューで、AVCHD規格が最終的にはBlu-Rayに統合されることをめざしていることが語られている。

私的には、なんとなくビデオカメラメーカーがフライングをしているような気がしてならない。SD(標準精細度)ビデオカメラの光ディスク化も完了していない現在で、はたしてHD光ディスクカメラの規格がBlu-Rayより先行する必要があるのだろうか、とも思えてしまう。

世はなべて「ハイビジョンは高画質」と謳っているが、HD(High-Difinition)という名のとおり高精細であるに過ぎない。つまり、現状より細かいだけである。

モノクロテレビがカラーテレビに変わったことは映像表現の上で革新的だったが、SDがHDに変わったことは、それほどの革新性は持ち得ないのではないかと思ってしまう。

むしろ、データ量が増えることによる加工しにくさ、HD映像メディアの普及がまだこれからであること、ネット上の低精細度映像の必要性増加などを考えると、HDビデオカメラへの移行は現状あまり至急性のないことではないかと、私などは思っている。

-映像文化を語ってみる
-