ネットとコンテンツの関係論

アキバマン

2010/12/20

YouTubeが有名になるにつれ、絶対に登場するであろうと思われた動きが顕著になってきた。それは、YouTubeをプラットホームに使ったプロモーション戦略である。

ITmediaニュースが伝えるところ
によると、

 「NikeCosplay」という名のこんな映像が今、YouTubeで人気を集めている。公開から1カ月で視聴回数は25万以上。「面白い」「笑った」――世界じゅうからコメントが付く。

 作成したのは、ナイキジャパンの「NIKE iD」PRチームだ。NIKE iDは、色や形を細かくカスタマイズしたり、オリジナルのネームを入れたりした靴をネット注文できるサービス。YouTube動画は、このサービスの認知度アップを狙ったPR戦略だ。

内容はまあ、実際にご覧いただけばいいと思うが、実に単純明快な映像である。舞台は秋葉原だが、別にどこであっても関係ない。大勢登場するアキバマンのビジュアルインパクトもあるし、単純にしてわかりやすいストーリー、笑いもある。

YouTubeをどのように使うか、それはユーザー次第だが、話題性をとろうと思うなら、インターナショナルな場であるYouTubeでは上記のようなスタイルが有効だろう。

YouTubeが動画のプラットホームとなるなら、そこをプロモーションの手段として使うことも今後一般的になるだろう。

現にmusicianとcomedianという特殊アカウントがすでに登場しており、通常アカウントからコンバートできる。musicianアカウントは、動画の他にツアー日程、静止画やCD購入リンクなどを備えているようだ。音楽というボーダーレスなジャンルを追求する人にとっては、今後大いに期待できるプロモーションの場となることは目に見えている。(試聴用のmp3サウンドなどが置けると、さらにいいと思うが)

一方comedianアカウントも同じようにライブ日程や静止画、動画で自らをプロモートできるようだ。日本語に非常に頼っている日本のお笑い芸人諸氏にとって利用しやすいものかどうかはともかくとして、YouTubeで人気に日をつけて、テレビなどに登場してくるという登竜門も今後開かれる可能性はあるだろう。

-ネットとコンテンツの関係論
-