ネットとコンテンツの関係論

YouTubeが進化していた

2010/12/20

Googleによる買収話にばかり気が行っていたのだが、YouTubeに新機能が追加されていることに今気がついた。

テキストによるコメント機能は以前からあったが、映像によるレスポンス機能が追加されていたのである。

ちょっとここを見ていただきたい。
http://youtube.com/watch?v=orLpZxEd24Y
"Kitten Composer"という作品名で、要するに楽器のキーボード上に寝そべった猫が身動きするたびに音が変わるというだけの映像である。

これに対して、7つのレスポンス映像が寄せられているが、多くは「うちの猫もキーボードで演奏するよ」的な映像のようだ。

レスポンス映像も、普通の投稿映像と同様に扱われており、レスポンスに対してコメントやレスポンスを返すことが可能である。

やはり、本家だけに機能進化は意識していたようだ。インデックス画像に設けられた[+]ボタンを押すことで、オークションでいうウォッチリスト的なリストアップが可能な"Quick List"機能も追加されていた。他にもあるのかな?

Googleの資金と技術が身近になって、今後YouTubeがどう進化していくのか楽しみだな。まずはGoogle得意の検索技術で、興味のある動画をいかにすばやく見つけるかという検索機能が追加されると面白いだろうな、と思う。

-ネットとコンテンツの関係論
-