ネットコンテンツ評

気分をマップ化するMusicoveryのアプローチ

2010/12/20

自分の気分に合った音楽と出会う場、というのが必ずあるはずだ。

私の少年時代は、AMの深夜放送だった。
高校から大学にかけては、FMブーム、エアチェックブームというのが起こり、FM情報誌と連動して盛り上がったものだ。

現在は、これがインターネットに場を移そうとしている。
iTunes Storeもそうだし、Webラジオや音楽ポータルサイトなども多数登場してきている。

Musicoveryというサイトがある。これも面白いWebラジオ系のサイトだ。

左がそのインターフェイスだが、ジャンルと年代(オールエイジも選べる)を選択、さらに各ジャンルの中で「暗め明るめ」「おとなしめ激しめ」を指定する。選択されたジャンルの楽曲が画面上に上のようなマップとなって表示される。マップ上の楽曲をクリックして聴くこともできる。

曲の雰囲気といったような、不明確な「気分」的なものを表示し、選択させるための方法としては考えられたものだと思う。

上はワンジャンルで指定した場合の画面だが、気分を指定を優先することもでき、その場合はもっとカラフルな(というのはジャンルごとに色が違うので)ジャンル横断型の画面になる。

しかしそれ以外の操作は少なく、ボーっと聞くためには、音量の調節やミューティングといった仕組みも欲しいとは思う。

でも、面白い試みであるというのはたしかだ。BGMとして聞くというよりは、積極的に楽曲を探す人向けだろう。

これからは「気分」も含めた検索というのが非常に重要になるはずだ。「これを探す」というより「これに雰囲気が近いものを探す」「これが好きな人がきっと好きなはずのものを探す」という考え方だ。

こうした気分マップ化というのは、さまざまな分野に応用できるような気がする。

-ネットコンテンツ評
-