コンテンツ評論 テレビ番組評

「ジェネラル・ルージュの凱旋(ドラマ)」をみた

2010/12/07

正式なタイトルは「チーム・バチスタ2~ジェネラル・ルージュの凱旋」となる。

おかしいじゃないか。バチスタチームというのは、田口と白鳥を指すのではなくて、前作に登場した心臓外科手術のチームのことだから。本作には、チームのメンバーは誰ひとり登場しない。まあ、続編だということをわからせたかったのは理解できるが。

ま、いいや。とにかく「バチスタ・チームの栄光」の続編で、舞台は同じ東城医大付属病院、ただし今回は救急救命センターで起こる事件を扱う。

まだ原作は読んでないが、映画はみた。おおよそストーリーの輪郭は同じだが、物語は全然別物だ。

また前作の連続ドラマとも、造りがまったく違う。前作は原作・映画と同じストーリーを連続ドラマで扱うために、屋上屋を架したような変な造りになっていた。

その反省か、本作ではストーリーの縦糸となる贈収賄事件、およびそれに関連した殺人事件は追うものの、それに一話完結の病因探究のストーリーを組み込んだ点が、新しい。

おそらく海外ドラマ「Dr.HOUSE」などの影響があるのではないかと思うが、救命センターに運ばれてきた患者の病気の真相究明と、その患者の人生ストーリーをからめたドラマ化はこれまで日本の医療ドラマではあまり見たことがなかった。

ただ、それに徹するわけではなく、一方では贈収賄事件やら、後半は殺人事件にも神経が分断され、どっちつかずになった印象がある。メインキャラクターのひとりである厚労省官僚の白鳥が、捜査権もなく、関係者でもない病院内に居ずっぱりという不自然さも強い。

日本版Dr.HOUSEのような病因追求と患者の人生をうまくからめた完全一話完結の医療ドラマを見たいと思うのは私だけだろうか?

-コンテンツ評論, テレビ番組評
-, , ,