ご案内 映像文化を語ってみる

年内は本日閉店

2010/12/20

2006年、映像方面にドラスティックな動きがはじまった年だったと思う。

YouTubeの台頭ひとつとっても、一概には整理できない大きな影響がある。一過性のもの、と位置づける人もいるが、いやいやどうして、2007年もこの動きは加速していくような気がしている。

わけわからなくなるほど、ビデオカメラのバリエーションが増えた年でもあった。今後の主流がまったく見えないというのも、新鮮ではあるが不安でもある。

それ以外にもたくさんの出来事があった。年末年始はこのブログに書いたことを読み返して、新しい年に起こるはずの出来事を初夢にみよう。

-ご案内, 映像文化を語ってみる
-,